河合出版 KAWAI PUBLISHING WEBSITE
河合出版の学習参考書・問題集オンライン販売サイト。
HOME 書籍紹介 特集 ランキング 全国取扱書店
バックナンバー
特集
特集 二次試験対策
センター試験も終わり、いよいよ二次試験。これからの頑張り次第でまだまだ得点は伸ばせます。今回ご紹介するのは二次試験対策におすすめの問題集。弱点の補強や重要事項の確認など、最後の総仕上げにご活用ください。
(英語)
『やっておきたい英語長文500』
400語〜600語までの最も出題頻度の高い、標準からやや難しめのレベルの、やっておきたい英語長文を20題選びました。
解説には、設問を解く際の着眼点や考え方、論旨の展開を読み取る上で知っておくべきことをAdviceとしてまとめました。要約も活用してください。
読解力がついたら『やっておきたい英語長文700』をお薦めします。
おすすめコメント (K・Eさん)
やさしすぎず難しすぎず、客観問題から記述問題まで幅広く演習できる、本当にやっておきたいと思える問題集です。
『やっておきたい英語長文700』
600語〜900語までのハイレベルな英語長文を15題選びました。
近年よく出題されるテーマ(グローバリゼーション、高齢化社会、遺伝子、地球温暖化など)の英文を取り上げ、Topicとして背景知識の解説も加えています。
要約も活用してください。
おすすめコメント (T・Mさん)
このシリーズの500を終えて700に取り組んでいますが、いまは模試の長文問題でつまずくことがほとんどなく、偏差値も大幅にアップしました。
『やっておきたい英語長文1000』
900語〜1600語程度のハイレベルな超長文を10題選びました。
近年、難関大学を中心に900語を超えるいわゆる“超長文”の出題が増加しています。志望校別の対策に入る前に、超長文問題に対応できる柔軟な読解力の確立に最適です。
論旨展開上重要な情報をまとめたOutline、要約付き。
おすすめコメント (A・Sさん)
最高レベルの超長文ばかりで、これが読めればかなりの自信になると思います。難関大学をめざす人には絶対におすすめです。
『[10日間完成] まよわず書ける自由英作文 −改訂版−』
できるだけ短期間で自由英作文対策の基本を身につけ、本番に臨めるように編集しました。
自由英作文を書くときのコツ、注意などをわかりやすく説明しました。
答案の修正例を掲載し、受験生が間違えやすいポイントを解説しました。
付録の「形式別入試問題例」で実戦的な練習が行えます。
おすすめコメント (N・Hさん)
答案の修正例が掲載されており、自由英作文で間違えやすいポイントを押さえることができる。失点を減らせそうです。
(数学)
『文系の数学 重要事項完全習得編』
文系で数学を必要とする受験生が最初にやるべき1冊になっています。
文系数学で頻出のテーマを152に厳選し、それぞれを「問題・解答・解説講義・文系数学の必勝ポイント」からマスターします。これにより、文系の数学入試に向けての基本が固まり、落としてはいけない問題を確実にとっていく力がつきます。
さらに、詳細な解説のついた120題の演習問題をやり遂げることで、入試に向けての大きな自信をつけることができます。
おすすめコメント (J・Kさん)
今まで見たことのないような難問は出てきません。標準レベルの問題を確実に解く力をつけたかったのでこの問題集を選びました。
『文系の数学 実戦力向上編』
文系で数学を得点源として伸ばしていきたい受験生におすすめします。
合否に影響の少ない難問は排し、比較的よく出題されているが得点できない受験生が多いテーマ、一段深い理解をしておきたいテーマなど、90テーマを厳選し、「問題・解答・解説講義・文系数学の必勝ポイント」の順で詳しく解説しています。
巻末には文系学部の入試で実際に出題された問題を中心に、110題の演習問題を収録し、別解や補足を含めた詳細な解答がついています。
おすすめコメント (T・Hさん)
重要事項90テーマが詳しく解説されていて、これだけマスターすれば本番でもかなり得点が取れると思います。
『やさしい理系数学 −三訂版−』
理系受験生に必須の50のテーマ=50の例題で、重要かつ典型問題を厳選しました。
さらに計算力・論証力・発想力・数学的センスを磨く演習問題を150題収録。
解答は標準的解法を示したあとに、多くの種類の別解を記しました。
問題に「*」の付いているものは「やや難」で、本書を一通り済ませてから取り組むことを薦めます。
おすすめコメント (H・Iさん)
何といっても別解が多く載っているところがおすすめです。多くの解法を学ぶことで数学に自信が持てるようになりました。
『ハイレベル理系数学 −三訂版−』
難関大の頻出問題を確実に解く学力を、短期間に効率よく習得できます。
理系ハイレベル受験生必須かつ重要問題を50の例題で紹介。さらに計算力・論証力・発想力・数学的センスを磨く演習問題を150題収録。
標準的解法の他に、多くの種類の別解と詳しい解説を示しました。
おすすめコメント (S・Fさん)
数学が得意じゃない人にはこの本は難しすぎるかもしれないけど、難関大の数学で高得点を狙っている人はチャレンジするべきだと思う。
(国語・小論文)
『得点奪取 現代文 《記述・論述対策》−三訂版−』
問題文を正確に捉える読解力と的確な解答を作成するための表現力の養成に最適です。
実例答案・採点基準付き。
第一部典型問題編は論述問題の基本的設問の5つのパターンとその典型問題、第二部練習問題編は入試によく出題されるジャンル別の10章から構成されています。
おすすめコメント (A・Yさん)
設問をパターンごとに分類し、それぞれのパターンについての対策が示されています。本当にわかりやすくてためになります。
『得点奪取 古文 《記述対策》−改訂版−』
二次・私大対策を希望する人が対象です。
問題文を正確に捉える読解力・設問パターン別の対策と解答作成の要点を学ぶことができます。
実例答案・採点基準付き。
第一部「典型問題篇」 第二部「練習問題篇」の二部構成。
おすすめコメント (R・Iさん)
細かい採点基準と答案の添削例が付いていて、自分の答案のどこが悪いのか確認できるところがよかった。
『得点奪取 漢文 《記述対策》−改訂版−』
二次・私大対策を希望する人が対象です。
記述式設問の焦点となる「現代語訳・解釈」および「説明(内容・理由・趣旨)問題」の取り組み方、解答作成の要点を学ぶことが可能となります。
実例答案・採点基準付き。
第一部「典型問題篇」 第二部「練習問題篇」の二部構成。
おすすめコメント (Y・Uさん)
記述問題は苦手だったのですが、この問題集のおかげで解答作成のコツがつかめたような気がします!
『医学部の小論文 −三訂版−』
第1章 医学部の小論文の基礎知識編、第2章 演習問題編の2章で構成されています。
医学部の小論文入試で頻出する医療テーマを中心に、10題の演習問題を掲載しました。
すべての演習問題に、テーマ解説、課題文解説、設問解説、そしてそれに沿った解答例と採点基準を付してあります。
付録「医療の世界」では医療の全体像を概観する見取り図なので活用してください。
おすすめコメント (M・Hさん)
頻出の医療テーマが扱われています。今まで使ったどの問題集よりも解説の分量が多く、医学部の小論文に必要な知識を深めることができました。
(理科)
『名問の森 物理[力学・熱・波動T] −三訂版−』
入試問題の中から超良問を、力学編で43題、熱編で16題、波動編(干渉を除く)で14題厳選収録。
解答・解説では、問題の重要度・小問ごとのレベル・題意の指摘・根底にある考え方を詳しく記述しています。
本書は、理系で国公立大二次試験・私立大入試を受験する方に最適です。
おすすめコメント (N・Sさん)
解説がとても丁寧でわかりやすい。はじめは解けなかった問題も解説を読むと解き方がしっかり理解できる。
『名問の森 物理[波動II・電磁気・原子] −三訂版−』
入試問題の中から超良問を、波動編(干渉)で9題、電磁気編で44題、原子編で14題厳選収録。
解答・解説では、問題の重要度・小問ごとのレベル・題意の指摘・根底にある考え方を詳しく記述しています。
本書は、理系で国公立大二次試験・私立大入試を受験する方に最適です。
おすすめコメント (K・Kさん)
二次対策はあれこれ手を広げずに、これと名問の森[力学・熱・波動T]の2冊だけをやれば大丈夫だと信じてます!
『理系入試問題演習 化学の研鑽 化学基礎・化学』
近年の国公立大二次試験・私立大の入試問題を中心に、最重要・頻出・発展問題など、幅広い入試に対応できる良問145題を厳選し、収録しています。
「解答・解説編」では、解答に至るための考え方や、欠かせない知識が確実に身につくよう、重要事項を整理しつつ、紙面の許す限り詳しく丁寧な解説を心がけました。
理系入試突破のための基礎力〜応用力を養うのに最適の一冊です。
おすすめコメント (H・Iさん)
問題のレベルは標準的なものから難しめのものまで。解答・解説は、入試に必要な知識や公式、解法のポイントなどがわかりやすくまとめられています。
『医学部攻略の生物』
国公私立大のすべての医学部で出題された問題を厳選しました。
本書では、「教科書で扱われている生物の全体像を把握しておく」「標準的な問題での失点をできる限り減らす」「可能な限り多様な問題にふれておく」ということを心がけ、医学部入試で必要なポイントを押さえることができます。
最近特に話題になっているテーマやトピックスも掲載してあります。
おすすめコメント (M・Wさん)
巻末に生物用語の索引が付いているので、耳慣れない難解な用語が出てきても1つずつ確認しながら先に進むことができました。
、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホ・ネ・テ・ラ、リ
Copyright 2003 Kawai Publishing
FAQ  |  お問い合わせ  |  サイトマップ  |