河合出版 KAWAI PUBLISHING WEBSITE
河合出版の学習参考書・問題集オンライン販売サイト。
HOME 書籍紹介 特集 ランキング 全国取扱書店
バックナンバー
特集
特集 学力充実の秋
センター試験も終わり、いよいよ二次試験。これからの頑張り次第でまだまだ得点は伸ばせます。今回は二次試験対策におすすめの問題集をピックアップしました。弱点の補強や重要事項の確認など、最後の総仕上げにご活用ください。
(英語)
『英語長文読解の王道 パラグラフリーディングのストラテジー 2. 実戦編 私立大対策』
パラグラフリーディングをベースに、長文をどのように速く正確に読み、設問を解くかを詳細に解説しました。
私立大合格の鍵を握る、空所補充問題・パラフレーズ問題・内容一致問題を効率よく解くための戦略を、「解法ストラテジー」を用いて徹底解説しています。
おすすめコメント (M・Aさん)
この本でパラグラフリーディングを学んで、ただ単語を訳していくだけでなく論理展開を考えながら英文が読めるようになりました。
『英語長文読解の王道 パラグラフリーディングのストラテジー 3. 実戦編 国公立大対策』
パラグラフリーディングをベースに、長文をどのように速く正確に読み、設問を解くかを詳細に解説しました。
国公立大合格の鍵を握る、説明問題・要約問題・下線部和訳問題を効率よく解くための戦略を、「解法ストラテジー」を用いて徹底解説しています。
おすすめコメント (T・Yさん)
まず、英語長文読解の王道の『読み方・解き方編』を終わらせてから、この『実戦編』にチャレンジするというやり方がいいと思います。
『1日30分の英語長文15』
『やっておきたい英語長文500』の姉妹編です。
30分で解きたい400語〜600語程度の標準からやや難しいレベルの英文15題を収録しています。
[ココにも注意!]では、設問になってはいないものの、押さえておきたい文法ポイントや論旨の展開上重要な点を解説しています。
また、[この単語に着目]では、知っておくと武器になる、使える単語を取り上げました。
おすすめコメント (N・Iさん)
限られた時間の中で合格点を取れる答案を仕上げる練習ができる。本番に絶対役立つと思う。
『1日40分の英語長文10』
『やっておきたい英語長文700』の姉妹編です。
40分で解きたい600語〜800語までのやや難から難レベルの英文10題を収録しています。
[ココにも注意!]では、設問になってはいないものの、押さえておきたい文法ポイントや論旨の展開上重要な点を解説しています。
また、[この単語に着目]では、知っておくと武器になる、使える単語を取り上げました。
おすすめコメント (K・Kさん)
設問解説だけでなく、押さえておくべき文法のポイントや知っておくと使える単語などの解説も充実しているところがよかった。
(数学)
『文系の数学 重要事項完全習得編』
文系で数学を必要とする受験生が最初にやるべき1冊になっています。
文系数学で頻出のテーマを152に厳選し、それぞれを「問題・解答・解説講義・文系数学の必勝ポイント」からマスターします。これにより、文系の数学入試に向けての基本が固まり、落としてはいけない問題を確実にとっていく力がつきます。
さらに、詳細な解説のついた120題の演習問題をやり遂げることで、入試に向けての大きな自信をつけることができます。
おすすめコメント (M・Oさん)
文系の数学入試で頻出の典型的な問題が数多く収録されており、標準レベルの問題を確実に解く力がついていくのが実感できました。
『文系の数学 実戦力向上編』
文系で数学を得点源として伸ばしていきたい受験生におすすめします。
合否に影響の少ない難問は排し、比較的よく出題されているが得点できない受験生が多いテーマ、一段深い理解をしておきたいテーマなど、90テーマを厳選し、「問題・解答・解説講義・文系数学の必勝ポイント」の順で詳しく解説しています。
巻末には文系学部の入試で実際に出題された問題を中心に、110題の演習問題を収録し、別解や補足を含めた詳細な解答がついています。
おすすめコメント (H・Aさん)
重要事項が90のテーマにまとめられているので、効率よく学習を進められます。難しめの問題もあり難関大対策にも十分使えます。
『やさしい理系数学 −三訂版−』
理系受験生に必須の50のテーマ=50の例題で、重要かつ典型問題を厳選しました。
さらに計算力・論証力・発想力・数学的センスを磨く演習問題を150題収録。
解答は標準的解法を示したあとに、多くの種類の別解を記しました。
問題に「*」の付いているものは「やや難」で、本書を一通り済ませてから取り組むことを薦めます。
おすすめコメント (A・Sさん)
ここまで必要なの?と思うくらい多くの別解が載っていて、さまざまなアプローチで問題を解く練習ができました。
『ハイレベル理系数学 −三訂版−』
難関大の頻出問題を確実に解く学力を、短期間に効率よく習得できます。
理系ハイレベル受験生必須かつ重要問題を50の例題で紹介。さらに計算力・論証力・発想力・数学的センスを磨く演習問題を150題収録。
標準的解法の他に、多くの種類の別解と詳しい解説を示しました。
おすすめコメント (K・Iさん)
「超」がつくくらいハイレベルな問題ばかり。これをやりきったら難関大を目指す人はかなり自信を持っていいと思う。
(国語・小論文)
『得点奪取 現代文 《記述・論述対策》−三訂版−』
問題文を正確に捉える読解力と的確な解答を作成するための表現力の養成に最適です。
実例答案・採点基準付き。
第一部典型問題編は論述問題の基本的設問の5つのパターンとその典型問題、第二部練習問題編は入試によく出題されるジャンル別の10章から構成されています。
おすすめコメント (Y・Eさん)
実例答案と採点基準で、自分の答案はどれくらい得点を取れているのか、自分の答案のどこが悪かったのかを知ることができました。
『得点奪取 古文 《記述対策》−改訂版−』
二次・私大対策を希望する人が対象です。
問題文を正確に捉える読解力・設問パターン別の対策と解答作成の要点を学ぶことができます。
実例答案・採点基準付き。
第一部「典型問題篇」 第二部「練習問題篇」の二部構成。
おすすめコメント (N・Uさん)
難しめの問題集だけど「典型問題」〜「練習問題」という流れで無理なく続けられ、確実に記述力の底上げができています。
『得点奪取 漢文 《記述対策》−改訂版−』
二次・私大対策を希望する人が対象です。
記述式設問の焦点となる「現代語訳・解釈」および「説明(内容・理由・趣旨)問題」の取り組み方、解答作成の要点を学ぶことが可能となります。
実例答案・採点基準付き。
第一部「典型問題篇」 第二部「練習問題篇」の二部構成。
おすすめコメント (H・Tさん)
記述のポイントが簡潔にまとめられています。分量も手頃なので直前の総仕上げ用にぴったりです。
『医学部の小論文 −三訂版−』
第1章「医学部の小論文の基礎知識編」。小論文試験で何が試されるのか、答案作成の基本的な課題など、予備知識を解説します。
第2章「演習問題編」。医学部の小論文入試で頻出する医療テーマを中心に、問題を10題用意(英文問題含む)。丁寧な解説で頻出テーマの理解を深め、作成した答案は採点基準で自己採点できます。
おすすめコメント (S・Wさん)
小論文の基礎知識から実戦的な合格答案の書き方まで本当に役に立ちます。この1冊で医学部の小論文対策は万全です!
(理科)
『良問の風 物理 −改訂版− 頻出・標準問題集』
入試問題の中には、誘導付きの長い問題や、見かけ上複雑そうな問題がありますが、パターンさえしっかり練習しておけば、迷うことはありません。
本書は難問を避け、頻出・オーソドックスで、さらに応用がきく問題148題と、巻末に論述問題を系統的に取り扱い収録しています。まさに良問が満載された問題集です。
おすすめコメント (A・Tさん)
タイトルに頻出・標準問題集とあるように難問はなく、解き方を覚えておくといろいろと応用ができそうな問題ばかりでした。
『理系入試問題演習 化学の研鑽 化学基礎・化学』
近年の国公立大二次試験・私立大の入試問題を中心に、最重要・頻出・発展問題など、幅広い入試に対応できる良問145題を厳選し、収録しています。
「解答・解説編」では、解答に至るための考え方や、欠かせない知識が確実に身につくよう、重要事項を整理しつつ、紙面の許す限り詳しく丁寧な解説を心がけました。
理系入試突破のための基礎力〜応用力を養うのに最適の一冊です。
おすすめコメント (H・Iさん)
問題のレベルは標準的なものから難しめのものまで。解答・解説は、入試に必要な知識や公式、解法のポイントなどがわかりやすくまとめられています。
『医学部攻略の生物』
国公私立大のすべての医学部で出題された問題を厳選しました。
本書では、「教科書で扱われている生物の全体像を把握しておく」「標準的な問題での失点をできる限り減らす」「可能な限り多様な問題にふれておく」ということを心がけ、医学部入試で必要なポイントを押さえることができます。
最近特に話題になっているテーマやトピックスも掲載してあります。
おすすめコメント (K・Nさん)
二次試験の記述対策だけでなく、医学部入試で問われるテーマや知識も学べます。医学部を受ける人はぜひ使ってみてください。
、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホ・ネ・テ・ラ、リ
Copyright 2003 Kawai Publishing
FAQ  |  お問い合わせ  |  サイトマップ  |