河合出版 KAWAI PUBLISHING WEBSITE
河合出版の学習参考書・問題集オンライン販売サイト。
HOME 書籍紹介 特集 ランキング 全国取扱書店
バックナンバー
特集
特集 この時期に進めよう! 数学・理科の学習
今回は、本格的な受験対策を始める前にやっておきたい、数学・理科のやさしめ〜標準レベルの問題集をご紹介します。基本事項の確認や苦手分野の克服などにぜひご活用ください。
(数学)
『ベイシス数学IA 基本例題からきちんと学べる数学』
ベイシス(basis)とは「基礎、基準、叩き台」という意味で、本書はその名のとおり、これから数学I・Aの基礎を築き上げたい人を対象としています。また、ひと通り学習した人は、見逃していた基本知識が得られることでしょう。
受験に必要な重要テーマを「例題 → 基本事項 → 演習」で構成し、効率よく学習が進められるように工夫しました。本書を通して、自然と解くチカラが定着します。
おすすめコメント (S・Tさん)
やさしめの問題とていねいな解説で、数学が苦手な私にぴったりの問題集です!
『ベイシス数学IIB 基本例題からきちんと学べる数学』
ベイシス(basis)とは「基礎、基準、叩き台」という意味で、本書はその名のとおり、これから数学II・Bの基礎を築き上げたい人を対象としています。また、ひと通り学習した人は、見逃していた基本知識が得られることでしょう。
受験に必要な重要テーマを「例題 → 基本事項 → 演習」で構成し、効率よく学習が進められるように工夫しました。本書を通して、自然と解くチカラが定着します。
おすすめコメント (T・Yさん)
3つの学習プランが章ごとに用意されていて、自分に合った計画で学習を進めていけるところがよかった。
『ベイシス数学III 基本例題からきちんと学べる数学』
ベイシス(basis)とは「基礎、基準、叩き台」という意味で、本書はその名のとおり、これから数学IIIの基礎を築き上げたい人を対象としています。また、ひと通り学習した人は、見逃していた基本知識が得られることでしょう。
受験に必要な重要テーマを「例題 → 基本事項 → 演習」で構成し、効率よく学習が進められるように工夫しました。本書を通して、自然と解くチカラが定着します。
おすすめコメント (A・Kさん)
基礎をがっちり固めたい人向け。一通り終わったら過去問にチャレンジしようと思います。
『文系の数学 重要事項完全習得編』
文系で数学を必要とする受験生が最初にやるべき1冊になっています。
文系数学で頻出のテーマを152に厳選し、それぞれを「問題・解答・解説講義・文系数学の必勝ポイント」からマスターします。これにより、文系の数学入試に向けての基本が固まり、落としてはいけない問題を確実にとっていく力がつきます。
さらに、詳細な解説のついた120題の演習問題をやり遂げることで、入試に向けての大きな自信をつけることができます。
おすすめコメント (H・Tさん)
一つ一つ重要事項を確認しながら進めることができて、この問題集なら無理なく続けられそうです。
『高校1年生のための数学I』
数学が苦手な人、数学の勉強で少し困っている人でも、きちんと理解を深めて、力を伸ばしていけるように構成されています。
教科書の内容を46講に分け、左ページの詳しく丁寧な解説で基本事項を学び、次に右ページのFirst Stage・Second Stage・ここがポイント、で考え方を身につけ理解を深めます。最後に定期テスト対策を想定したThird Stageに挑戦しましょう。
数学Iの教科書で学ぶ「数と式」、「集合と論証」、「2次関数」、「図形と計量」、「データの分析」を、5つの章に分けて扱っています。
おすすめコメント (M・Iさん)
高校に入って数学が難しくなったと感じている人おすすめです。私もこの本のおかげでなんとか授業についていけています。
『高校1年生のための数学A』
数学が苦手な人、数学の勉強で少し困っている人でも、きちんと理解を深めて、力を伸ばしていけるように構成されています。
教科書の内容を37講に分け、左ページの詳しく丁寧な解説で基本事項を学び、次に右ページのFirst Stage・Second Stage・ここがポイント、で考え方を身につけ理解を深めます。最後に定期テスト対策を想定したThird Stageに挑戦しましょう。
数学Aの教科書で学ぶ「場合の数・確率」、「整数の性質」、「図形の性質」を、3つの章に分けて扱っています。
おすすめコメント (R・Oさん)
教科書レベルの内容がわかりやすく解説されています。日々の予習・復習から定期テスト対策までとても役に立つ問題集です。
(理科)
『らくらくマスター物理基礎・物理』
良質な問題の演習を通して、物理基礎・物理の基本から入試突破までの実力が身につくよう構成されています。
基本141問題を解きながら、法則・公式を理解し覚えることができます。
例題158問題では、法則・公式をどのように適用していくのかを学ぶことができ、入試問題を解くために必要な知識も身につけることができます。
おすすめコメント (S・Nさん)
教科書の補助的な使い方をしています。その日習ったことをこの問題集で確認するというやり方で、内容の理解がしっかりできています。
『らくらくマスター化学基礎・化学』
教科書で扱う基本事項を整理・理解しながら、大学入試対策に向けた分野別学習〈理論化学・無機化学・有機化学〉を行うのに最適な内容・構成です。
基本問題198題で重要法則と基本事項の確認が、さらに100の例題で入試問題レベルの学習ができます。
基本事項・重要公式やキーワードを簡潔に覚えやすく表示しています。
おすすめコメント (K・Eさん)
基本事項の整理・確認に最適。化学が苦手な人でもこの1冊を繰り返しやればかなり力はついてくると思う。
『らくらくマスター生物基礎・生物』
生物基礎・生物の各分野の基本となる内容を、100題の問題にまとめました。
問題を解き、解説を読むうちに、重点学習するべきポイントがわかり、入試に立ち向かう実力が身につきます。
100題の問題には空欄穴埋めだけでなく、用語記述や、論述も含まれているので、さまざまな入試問題に対応することができます。
おすすめコメント (T・Mさん)
用語の確認から論述問題まで幅広く学習できます。まず最初に何をやろうか迷っていたら絶対これがおすすめです。
、ウ、ホ・レ。シ・ク、ホ・ネ・テ・ラ、リ
Copyright 2003 Kawai Publishing
FAQ  |  お問い合わせ  |  サイトマップ  |